新渡戸稲造(遠友夜学校建設資金)に白糠町の応援


 昨日の自販機に引き続き、遠友夜学校建設に向け白糠町がふるさと納税で協力頂いた。(北海道新聞朝刊4月10日掲載)世界の懸け橋にとなった新渡戸稲造精神を受け継ぎ、今後に残そうと始まった遠友夜学校の募金活動は、現在3300万円。、22年度中に5000万円を目標に白糠町のふるさと納税の協力は、嬉しい追い風になった。

新渡戸稲造の自動販売機設置


私が所属するボランティア団体「新渡戸稲造を考える会」では、遠友夜学校建設に向け寄付を募っています。
そこで今回、北海道コカ・コーラさまのご協力で、新渡戸稲造記念公園掲示板横 に、遠友夜学校記念館募金用の自動販売機が設置完了しました。
お近くをお通り の折には是非ご覧頂き、ドリンクをご購入下さい。投函された代金の一部が、建設基金に充てられます。どうぞよろしくお願いいたします。

スマホ講座


スマホ講座~月2回(水曜日)勉強会を行っている。ソフトバンクのスマホアドバイザー2名に来て頂き。大変好評!アナログ人間の中高年も時代の流れには逆らえず、低額になったことや度重なる携帯廃止の案内に負けて購入する人が増えている。特にLineはとても便利で、カメラ代わりに写真を映したり送ったり無料電話を掛けたりと大いに楽しんでいる。蜜を避けながら人数制限していますので参加希望の方は事前連絡を~。

第51回美術鑑賞会


2021年1月、美術鑑賞会は50回を迎えました。今回は51回目、アートコーディネーターの高橋淑子さんがプロジェクターを使って毎回2人のアーティストを紹介してくれます。2人を比べて似ているところ正反対の所など作家の歴史を見比べながら、当時の作風や色遣いなどを楽しむことができます。この日は「円空と木喰」でした。
この日はバレンタインデーが近い事もあり、皆さんから主人にチョコレートのプレゼントがありました。思いがけない出来事に主人は大喜び。皆さんお心遣い本当にありがとう!

GALLERYの展示


新型コロナウイルス感染拡大の中、皆様におかれましては一生懸命対策を続けられて来られたことでしょう。アートサロン細川での12月は換気・手洗い・検温・マスクなどの対策を取りながら月曜日の行事のみ行っています。しかし現状は厳しく取りやめするかもしれません。従来の参加者には連絡いたしますが、新しく参加のみなさまは、連絡頂ければ幸いです。

渡辺行夫~イタドリ展


石の彫刻家渡辺行夫さんのイタドリ展が札幌市内、北海道銀行ロビーと、澄川にある紅桜公園の2か所で行われています。いずれも8月から10月中旬までロングランです。ぜひご覧ください。